ファクタリングのメリットとは

subpage01

ファクタリングは、サービスの提供は終了しているものの、先方の都合によりその代金の支払いが済んでいない分をファクタリング業者が買い取り、その買い取り金額を事業者に支払うと言う仕組みです。
たとえば介護事業、医療事業などは、公的介護保険、公的医療保険によって介護サービス、医療サービスの利用に際しての料金の一部が負担されます。


そのため事業者側にその対価であるキャッシュが入ってくるのは、一定期間が過ぎてからになります。

ファクタリングの情報を簡単に探すことができます。

そこでファクタリングによって、保険金が支払われていない部分を買い取ってもらい、キャッシュをいち早く入手すると言う方法がとられることも少なくはありません。



このファクタリングのメリットですが、ひとつはやはり手元の売掛金、すなわちサービス提供は終了しているが、その対価が支払われていない部分を買い取られることで、現金が速やかに手に入ると言う点が挙げられます。


ですから特に経営が厳しい事業所や、新規に営業を開始したばかりでできるだけ経営を安定させたいと言う事業所には、特に頼りになると考えられます。

それからもうひとつのメリットですが、あくまで確定している利益分を現金化すると言う仕組みであるため、融資のように返済の必要性が無いと言う点です。
当然、貸し借りと言う流れではないので、融資で必要な担保も、あるいは厳しい審査も必要ありません。



加えて融資のように経営を圧迫することはなく、上手に利用することで経営の立て直しを図ることができると言うのも、ファクタリングのメリットです。