ファクタリングの概要

subpage01

金融業務の1つにファクタリングと呼ばれる金融サービスがあります。

ファクタリング情報について詳しく解説しております。

ファクタリングは、簡単には売掛債権の買取を指し、基本的にはファクタリング会社が回収リスクを負うことになります。

業種によって詳細な対象債権は異なるものの、仕組みとしては、企業は自身が保有をする売掛金や受取手形などの売掛・売上債権を手数料を支払って売却をし、例えば、受取手形であれば期日前に現金化することが可能になります。



種類は支払先が期日決済不能に陥った場合の対処の仕方によって、依頼企業が負担をする償還請求権のあるタイプと、ファクタリング会社が負担をする償還期限のないタイプの2つがあり、通常、「あるタイプ」の方が広く利用されています。
「あるタイプ」が広く利用されている理由としては信用調査に関する内容があり、ファクタリング会社が信用調査を行うには、煩雑さ、調査能力の限界などがあるからです。


企業におけるメリットには、1つに比較的簡単に資金調達ができる点があり、銀行とは異なり融資の形態ではないために、実際の利用では審査に通りやすく担保不要で利用することが可能となります。


次にキャッシュフローの正常化があります。
売掛金を売却することで必要な資金を調達できるために資金繰りを円滑に進めることが可能になり、急な出費や支払金の不足といった状態を回避できるようになります。



また、キャッシュフローの正常化は賃借対照表のスリム化を可能にし、金融機関からの信用力アップにもつなげることが可能となります。